新聞や本を読めば分かる

男性

目を休ませよう

目の老化現象といえば老眼です。早い人では小学生から老眼になります。特に最近はスマホ老眼といって、スマホを酷使することで小さいうちから老眼になってしまう人も増えてきているのです。年齢に限らず老眼になりたくないというのなら、できるだけ目を酷使しないように気をつけましょう。また、定期的に老眼かどうかチェックしてみるのもいいかもしれません。眼科へ行かずに老眼のチェックをする方法は新聞や本を読んでみることです。今までとは違って遠くに離さないと文字が読めなくなってしまった場合には、老眼の可能性が高いと言えるでしょう。近眼の人でも老眼になることはあるので、メガネをかけているからといって油断は禁物です。近眼の人は新聞や本を読む時、今度は逆にメガネを外して読むようになります。このように日頃から自分なりにチェックをしてみることで、いち早く老眼に気づけるかもしれません。とはいえ、もっと確実なチェック方法があります。それは眼科を受診することです。近眼で定期的に視力検査などで眼科を受診している人なら、その検診時に早期発見となります。すぐに専用のメガネを作れることでしょう。また、40代になったら眼科で検診をうけてみるのもいいかもしれません。緑内障や白内障などの目の病気は40代以降発症しやすいこともあるからです。ある程度の年齢に達したら眼科を受診してみましょう。このようにして、日頃から自身でチェックしてみることをおすすめします。

初期に肩こりを感じる人も

男性

手元が見づらいという症状は老眼と呼ばれており、老化現象の一つとされています。老眼は主に水晶体の弾力が衰えることで起こるといわれています。ピントが合わず、見えにくいと感じた場合は、一度老眼チェックをしてみるとよいでしょう。

詳しく見る

見えにくい時に確認

女性

手近なものがぼやける場合には、老眼チェックをしましょう。指を使った遠近感の確認が一番お手軽なチェック方法です。老眼の症状を詳しく知りたい場合には、眼科などの専門家に検査してもらうのが良いでしょう。眼鏡や拡大鏡などを上手に活用して下さい。

詳しく見る

眼の老化現象

目

身体に老化現象が出るのと同様、眼に現れる老化現象が老眼であり、加齢と共に発症するので誰でもが高い確率で発症します。現在では老眼の進行を遅らせる事ができるので、老眼が気になったらセルフチェックで確認して早めに対策する事が大切です。

詳しく見る

ピント調節機能の低下です

ウーマン

老眼は目のピント調節機能が低下して、雑誌や新聞などの細かい文字が読みづらくなります。自分で老眼チェックができるので、疑いがある場合は早めに眼科のクリニックを受診して、問診や診察を受けて下さい。老眼鏡を使用するのがお勧めです。

詳しく見る

すぐに出来る簡単な方法も

中年女性

自分が老眼なのかどうかを確認するためには近点チェックと呼ばれる方法がとても簡単です。老眼の可能性が高い場合にはどうすれば予防出来るのかが気になるところですが、最近注目されるようになっているのがルティンです。ルティンは眼の健康のためには欠かせない栄養素であり、緑黄色野菜に多く含まれていて人気です。

詳しく見る