眼の老化現象

目

症状で確認できる

人により個人差もありますが、30歳を超えた頃から症状が出始めるのが老眼と言われています。老眼は眼に出る老化現象であり、加齢と共に誰にでも発症すると考えられます。しかし、近年ではパソコンやスマホなどの普及などにより、現代人は知らない内に目を酷使していると言われています。その結果、老眼の症状が出る時期は年々若年化している傾向にあります。老眼は誰でも認めたくないものです。しかし、新聞やパソコン、スマホの文字が見にくいと感じたら、老眼を疑ってみる事が大切です。老眼は近くの物が見えにくくなる特徴がありますが、下記の症状も老眼と考えられる代表的な症状です。チェックしてみて該当する数が多いほど老眼の確率は高まりますが、一度セルフチェックして自分の症状を確かめてみることも大切です。パソコンやスマホの様な細かい文字を見た後に肩こり頭痛が起きる、暗い場所では目がかすんでしまう、針仕事の様な細かい手作業が苦痛になった、細かい文字を見る時に目を細めてしまう、近くが見えづらく、新聞なども目から30cm以上離さないと読めない、近くを見てから遠くを見ると、ピントが合うのに時間がかかる、など以上は老眼のチェックとなる重要な項目です。自分でチェックしてみて、該当する項目が複数あれば、一度眼科で診てもらう事も必要になってきます。また、老眼を放置しておくと体調不良を引き起こしたり、今まで以上に見えにくくなってしまいます。これ以上眼に負担を掛けない様に対策を打つ為にも一度眼科を受診する事が大切です。