初期に肩こりを感じる人も

男性

自己検診してみましょう

老眼とは、40歳あたりになると誰もが経験する老化現象の一つです。その仕組みは水晶体の弾力が衰え、ピント調整力が弱くなることにより、手元が見えづらいという症状が起こります。最近、新聞の文字が読みづらくなったなどで気付く方が多いです。老眼の初期には、老化を認めたくない気持ちも働き、自分で自覚できていない場合もあるようです。肩こりや頭痛が酷く通院するうちに、老眼が原因であることが分かるという場合もあります。では、自覚症状のない方はどんなことをチェックすると良いでしょう。日常生活の中で、特に感じることは、薬や食品に書いてある説明書きがぼやける、パソコンやスマホなどで見る濁音や半濁音が判別しづらくなってきた、針に糸が通せなくなってきた、手元から遠くを見るとぼやけるなど、思いあたるという方も多いのではありませんか。老眼はピントの合う距離がどんどん離れます。どのくらい離れたらぼやけるのかをチェックする方法もあります。この距離を知ることで老眼がどれくらい進行しているのかを自覚することが出来ますので、一度チェックしてみると良いでしょう。その方法は、目の前に人差し指をかざし、徐々に離していきます。どの程度離したら、人差し指の指紋がくっきりと見えるのかをチェックします。この距離が30cm以上になると老眼鏡が必要と言われています。あくまでもセルフチェックですから、きちんと調べたい場合は、眼科を受診されるのが良いでしょう。