ピント調節機能の低下です

ウーマン

近くの文字が読みにくい

30代後半から、40代ぐらいの年齢になると、目のピント調節機能が衰えてくるので、新聞や雑誌などの細かい文字が読みづらいと悩んでいる人が多いです。眼鏡を掛けている人は眼鏡を外すと見えやすくなる人も多いです。加齢が原因で老眼の疑いがある人は、早めに眼科のクリニックを受診して、診察を受けたり、問診などのチェックを受けて下さい。老眼になると新聞や本を少し話すと、文字が見えやすくなるのでチェックをすると良いでしょう。以前は中高年以降の人に多い病気でしたが、現代は若い人もパソコンやスマートフォン、タブレットを日常的に使用している人が多いため、スマホ老眼で悩んでいる人も増加しています。眼科のクリニックで診察やチェックを受けてから、老眼が診断されると老眼鏡を作る必要があります。自分の度数に合わせた老眼鏡を作ってもらうことで、目の負担を減らすことができます。老眼チェックは自分でできるので、気になる症状が見られたら、早めに眼科を受診しましょう。老眼は老化現象のひとつなので、現代は有効な治療法はありませんが、普段の生活では必要がない時は、パソコンやスマートフォンの使用は控えて、目を休ませることも大事です。加齢と共に少しずつ度数が上がってきますが、自分に合った老眼鏡を作ってもらったり、遠近両用のコンタクトレンズを装着することで、ピントを調節することができます。比較的若い20代、30代の人も罹る可能性があります。